ブライダル・イン・プロジェクト

記事一覧(8)

引き出物持込手数料負担キャンペーン スタート!

おふたりの大切な結婚披露宴、自分たちがゲストをおもてなしするために選んだ料理やお花や引き出物・・・気に入ったものを探してようやく見つけたものの、当日利用するには「持込料」という費用がかかる場合があるのをご存知でしょうか?ブライダル・イン・プロジェクトは、新郎新婦おふたりの味方になりたい!おふたりに希望通りの結婚披露宴を実現してほしいから、「引き出物持込料負担キャンペーン」を始動します(@゚ー゚@)ノ【キャンペーン対象】2018年3月14日(水)~ 2018年5月31日(木)の期間、オンラインショップで引き出物商品をご購入のお客様【持込料負担金額】引き出物1個あたり最大¥540(税込)まで当社が負担(※他クーポンとの併用不可)【お支払いについて】1.オンラインショップご注文完了後(ご決済完了後)、当社より持込料申請手続きについてメールを送信。2.申請に必要な情報をご準備いただき、当社メール宛にご返信(申請完了)。3.お持込料をお支払い。当月に申請をいただいたお客様のお持込料を、翌月末に指定口座へお振込みをさせていただきます。但し、お振込み手数料はお客様負担となりますこと予めご了承ください。ご不明なことがあれば、お気軽にお問い合わせください。(*^-^)ニコ

引出物の贈り分け

「引き出物って・・・?」何を選んで贈ればよいのかわからないという声をよく聞きます。例えば、ワイングラスを贈って、使ってもらえるのか?あれ、ワイン飲んだっけ??って後になって選択を間違えたなんてこともあったりなかったり・・・。そんなとき、ゲストによって贈る品を分けるということで問題は解決します。なんと、実際結婚式を挙げたカップルの80%以上が「贈り分け」をしているんです。その理由には、ご祝儀に対しての10分の1の金額が相場=引出物予算という慣習が関係しているのも事実ですね。友人ならご祝儀が3万円相場なので、3,000円。親族なら5万円で、5,000円。主賓なら、10万円で、1万円。あくまで目安金額なので、これで夫婦で出席だったりすると相場が変わります。そこで、贈り分けをする際に便利なのが「カタログギフト」!食器やタオルなどの品物だと、違うものってパッと見でわかるのですがカタログギフトならサイズは同じで、選べる商品が違うから贈り分けを予定しているカップルには安心の引出物。また、カタログギフトは、もらった人が好きな物を選べる贈り物だから、自分の趣味に合わないから使ってもらえない、同じ物を以前にもいただいたなど被ることもなくて、喜ばれているんです。実際、カタログギフトをもらった経験のある方も多くいらっしゃるのでちょっといつもと違う贈り方や、贈るカタログ内容をポイントに選んでみることをオススメします。